2004年05月07日

埼玉県立川越工業高等学校 定時制

画期的でとても前向きな学校があります。埼玉県川越市にある県立川越工業高校の定時制はそんな学校のひとつです。定時制は全日制に比べると1日の授業時間が少ないので4年で卒業するのが一般的のようです。定時制高校は単位制を導入しており、所定の単位を修得する事により卒業になります。出席日数の不足等で単位が足りず進級出来ず同じ学年を繰り返す「留年」という観念はありません。このメリットはかなりのものだと思います。例えば、なんらかの原因で一度学校を途中で離れた生徒が再び学校にもどりたいと思った場合、通常は再び1年生からやり直さなくてはならないのではないかと思います。このような単位制の学校であれば既に修得している単位を生かし編入する事が可能(詳細は学校へ直接お問合せ下さい。)なようです。足りない単位を修得すれば卒業できるわけです。この単位制というシステムは、アメリカの大学に似ているように思います。とても前向きで、良い制度だと私は思います。

又、特別編入制度があり、普通高校を卒業した生徒が専門科目を履修する事で工業高校卒とそれに付随する資格を得る事ができます。この編入の場合は通常2年で卒業できます。

仕事しながら頑張っている生徒も沢山見ます。

埼玉県立川越工業高等学校ホームページ(単位制による定時制の課程)
posted by りょーこ♪ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 川越工業高校 特別編入
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。