2004年09月06日

ユーザー車検(自家用軽自動車)

今回は実用的お出掛けです。愛車のスズキ アルト(通称:エポちゃん)が初回車検を迎えるのでユーザー車検に挑戦してきました。と、言っても頑張ってくれたのは同行者。私はただ見ていただけだったりしてわーい(嬉しい顔)

私の居住地区管轄である所沢の軽自動車検査協会へ行きました。当初は下見のみのつもりで出掛けました。書式フォームを買って書類を作成、各種手数料を払込み、試験ラインを見学。これで準備はバッチリ手(チョキ) の筈だったのですが、同行者がせっかく来たのだからと、これから車検が受けられないかと交渉。本来は事前に電話で予約するようになっているのですが急遽車検を受けられる事になりましたぴかぴか(新しい)

先ず、所沢軽自動車検査協会の向かい側にあるテスター屋さんで一通りチェックをしてもらいました。次に車検の申請。オイル交換はしていたけれど特に事前の整備はしていなかったので「車検後に整備する」ということにして早速試験ラインへ入ります。ラインに入る前に係官の方に方向指示器・クラクション・ブレーキランプ・ボンネットの内部(何をチェックしていたのかは不明ふらふら)をチェックしてもらいます。いよいよ試験ラインの中へ入ります。詳細は良くわからないのですが、所沢は新しいラインでマルチタイプのようです。先ず横ぶれ(?)をチェックするのか真っ直ぐ直進。次に速度・ブレーキ・ヘッドライト光軸をチェックする為、タイヤを所定の位置に入れ前方の掲示板の指示に従って車を操作。それからスモーク・チェック。最後はリフト・アップされて係官の方に足周りのチェックをしてもらいます。

あら簡単ぴかぴか(新しい) あっというまにパスしちゃいましたわーい(嬉しい顔)手(チョキ) 私としては「こんな簡単なのexclamation&question」とちょっと拍子抜け。もちろんエポちゃんは未だ新しいから元気というのもあると思います。「整備はしっかりしなくちゃだよ(^^)b」と同行者にしっかり釘をさされました(笑)とってもお得に車検を通せて大満足&頑張ってくれた同行者に大感謝ハートたち(複数ハート)でした。

余談ですが、当日の再試験は無料のようです。時間に余裕のある方や整備済みの方はテスター屋さんで事前テストをせずに、とりあえずラインに挑戦してみるのもいいかもしれません。不適合がテスター屋さんで調整してもらえる範囲内であればのお話ですが、不適合と判定されてからテスター屋さんで調整してもらい再試験すればいいわけです。プロの車検(代行)屋さんらしき人達は、そういう風にしてるようでした。

又、私のように車に詳しくない方は事前に車検取扱業者の見積りを利用するのが妥当かと思います。見積もりをしてもらう事で、車検前に致命的な不適合箇所が判る可能性が大です。エポちゃんの前に10年おちのスバル ビビオ(通称ビビちゃん)に乗っていました。そろそろ寿命っぽい状況だったので、あまりお金を掛けたくなかったのですが、当時の私にはユーザー車検など現実味が無かったので業者さんに車検をお願いしました。数社で見積もりをとりましたが大体1時間程度で無料でした。見積りでブーツが破れており修理・交換が必要と判りました。ブーツが破損したままでは車検に通らないのだそうです。こういった修理や交換が必要な致命的不具合がある場合のは、車検当日にテスター屋さんで調整してもらうという訳にはいきません。見積りしてもらう事である程度はこういった致命的不具合を事前に知ることができるでしょう。見積りして貰って致命的な不具合が見当たらなければユーザー車検に挑戦してみるというのも一つの方法ではないでしょうか。

ユーザー車検
スズキ アルト エポ車(セダン)
平成13年初年度登録 初回車検
テスター屋さん ¥2000(*任意)
書類代      ¥40
重量税     ¥8800
手数料     ¥1400
自賠責保険   ¥22540
============================
合計      ¥34780

posted by りょーこ♪ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 車検
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。